サイトトップ学童保育とは > 苦情等対応について

苦情等対応について

児童の安全確保への対応

 (1)怪我等への対応

児童が保育中に次のような怪我をした場合は、保護者に連絡をするとともに、保護者と相談し病院に連れて行きます。
  ① 頭を打ったとき。
  ② 大きい傷で、出血し、包帯を巻く必要があるとき。
  ③ 骨折、捻挫と判断されるとき。
  ④ 目、鼻、口等、顔面を打撲したとき。
  ⑤ その他外傷があり、支援員が必要と認めるとき。
   ※覚書が結んである疾病に対する対応については、覚書に基づき対応します。

(2)防犯・防災への対応について

協議会では「火災発生時行動マニュアル」「危機管理マニュアル(不審者)」「地震発生時及び風水害発生時行動マニュアル」を定め、それにしたがって児童の安全に心がけ保育しております。
台風や地震などの災害が起きた場合にも、保護者への引き渡しを原則としております。
児童が不安になりますので、早めのお迎えをお願いします。


いじめ及び苦情等への対応

 保護者等からのお申し出事項等につきましては、適切に対応いたします。


いじめ及び苦情等への対応報告

 頂戴しましたお申し出につきましてのご報告をいたします。