サイトトップ保育方針 > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

久喜市学童保育運営協議会 理事長 西崎 道喜


 近年、雇用や就労の形態も変わり、女性の就労機会も増えています。そのことは家庭生活の環境を変えることにもなります。子どもが学校から家庭に戻っても、家族のいないこともあります。
そのような子ども達を学校の敷地内等の施設で預かり、楽しく生活する場が学童クラブです。
 私たちの学童クラブ(放課後児童クラブ)は、久喜市から指定管理の委託を受けて運営しています。
 その運営においては、久喜市学童保育運営協議会を組織して、子ども達の安全・安心の生活の場になるように努めています。
 クラブでの子どもの過ごし方は、遊びやゲーム、読書、宿題等を中心とした自主的な活動です。年齢の違った子ども達と生活を共にすることは、クラブの持っている良さであると思います。また、地域や地域住民との関わりを重視した行事も取り入れています。学童クラブの実施計画作成に当たっては、子ども、保護者、関係機関等の声を聞き子どもにとって楽しいものとなるように努めています。それぞれの学童クラブでは、その地域にあった行事を計画しより充実した学童クラブを目指しています。
 当運営協議会では、特に、子どもにとって楽しい場となる活動内容の充実と、その活動を支える支援員・補助員の支援力の向上にも取り組んでいるところです。
 今後とも学童クラブの充実を図るために、皆様のご支援、ご協力を賜りますれば幸せに存じます。